FC2ブログ
プロフィール

りと

Author:りと
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

「アメショの雑種です」
保護された猫と暮らし始め。結果、毎日 いろんなことが起きてます・・・。
『カラー』とは
皮膚炎によりカラーを着けている しんび。
『ハゲた…』

クリアファイルで作っているから、ぺらぺらで軽いのだけれど…
20200225121106b87.jpeg

舐められるんだね(--;
20200225121115a8b.jpeg

まぁ、問題の箇所はお腹じゃないからいいんだけど。
20200225121122798.jpeg

いつのまにか、カラー着けたままの毛づくろいを覚えたのね(--;
20200225121129f85.jpeg


『カラー』って舐めないようにしていたはずなんだけど…
202002251211482f5.jpeg

『カラー』って何でしょうね(-.-)
20200225121156dd1.jpeg

スポンサーサイト



膵炎陰性
03/07(土)、らいのんの膵炎の検査に行ってきた。
20200310111225b53.jpeg
嫌だねー、行きたくないねー。
気持ちは分かるわ(-.-)


このところの自粛のせいなのか、道路はがらがら(。゚ω゚)
病院近くの時間貸しの駐車場もがらがらΣ(゜゜)
病院もがらがら∑(=゚ω゚=;)
なんか、院長先生しかいなかったから、がらがらで良かったけど(^^;

血液を採ってもらって。
検査結果は午後に聞きに来るからと帰ったら、
途中にある高級食パンのお店には長蛇の列(--;
いつもガラガラなのは焼き上がり時間じゃないからなのね…。


夕方、結果を聞きに行くとやはり病院はがらがら…。
日によって混む日と混まない日はもちろんあるだろうけれど、すごいなΣ( ̄□ ̄lll)


コレステロールと血糖も一緒に調べてもらったら、やはり少し高めで。
サプリは継続φ(.. )

問題の膵炎は陰性に!
前回、陽性になってから3か月きちんと薬を飲んだら…良くなるんだねぇ。
20191212171144a97.jpeg

先生: 「3回連続くらいで陰性が出るまでは、投薬をお勧めします」
とのことだし、まぁそうなるだろうなぁ(-.-)

陰性になることがあるだけ、症状が改善してきてるし。
まぁ、良しとするか!

日光消毒
細いカーテンの隙間から陽に当たる らいのん↓
20200225121206da0.jpeg
背中に若干の緊張が(^^;


まぁ、様子見ながら、後からスゴスゴと入らせてもらったんだから、
いつ怒られるかと戦々恐々だわな(^^;
20200225121215868.jpeg


でも、数分経ってもこの状況↓
20200225121223272.jpeg
しんびも、だいぶ丸くなったねぇ(-.-)


そして、先週のしんびの血液検査の結果。
1項目だけ外注だったから、結果を聞きに行ってきたけれど、正常範囲内で。
若い男性の先生が説明をしてくれたのだけれど、
「エコー等の写真を見せてもらって、血液検索の結果を見て。
やはり、構造的なところからきている出血なのではないかと思います。」
とのことφ(.. )

やっぱりどうしようもないってことかぁ…。

でも、放置しておくと、その血液を元に細菌が繁殖して、
膀胱炎になる可能性もあるらしいので。
尿検査を定期的にして(大きな問題が発生しないうちは)、
膀胱炎の症状が出たら対処をしていくのが今は有効そう。

きちんと検査(結果)
血液検査・レントゲン・エコーとやってもらって。


血液検査は、1項目だけ後日になるのだけれど、基本的には問題なし。
肝臓と何かの数値が1つオーバーしているものの、
エコーで問題ないのは確認しているので、気にしなくて良いとのこと。

レントゲンとエコーの結果で、結石は無し。
特に何かが出来ているとか、そういったことも無し。

膀胱もキレイだし、胆石も無し。

腎臓は、やはり年齢もあって小さくなってしまっているらしい。
この体型なら3.5cm? くらいはあってもいいところ、
片方は3.1, もう片方は2.x(←忘れた)くらいしかないらしく、
小さいほうに至っては、綺麗なソラマメ形ではなく、端がいびつになっていた。
中の構造もほとんど見えないし、やはり加齢の影響が出ているらしい。

結果、これといって問題となるものも病状見つからず。
「加齢による異形で出血しているの、かも」という感じらしい。
ある意味、「健康」なわけで大変喜ばしいことではあるのだけれど。

そして、こうなると消炎止血剤は劇的に効くことも考えずらく。
飲み続ければいつかは出血が止まるかもしれないけれど、
今度は止め時がなくなってしまう可能性もある。
何がベストなのか、イマイチよく分からない(・へ・)


きちんと治る可能性があることはやってあげたいし、
痛みは取り除いてあげたいけれど、
やらなくていいことならば、私はあまりやりたくないという考えを持っている。

そこで、とりあえず、消炎止血剤はストップ。
1か月後に尿検査をすることにして、その結果でまた考えることにしたφ(.. )


老化は仕方ないよなぁ(-.-)
2020022512105732a.jpeg

きちんと検査
週末、しんびの検査に行ってきた。
202001231539332d6.jpeg

うまく尿が取れなかったので、手ぶらで(^^;
『潜血++』

皮膚はOK!
外用薬は不要で、抗ヒスタミン剤は苦くて泡ブクブクになるから免除してもらって(-.-)
(もう少し、カラーを装着することで良しとしてもらった)

あとは、尿に出ていた潜血の問題。
まずは血液検査のための採血。
若い女性の先生だったのだけれど、驚くほど、おとなしかった しんび。
…どうしたのだろう。

続いて、レントゲン。
先生: 「もしかしたら、大きな声で鳴いたりしてしまうかもしれませんが、ご心配…」
と言いかけたのを
私: 「あ~、全然大丈夫なので! 皆さんが怪我しないようにだけ気を付けてください」
とさえぎる私(笑)
ま、カラー着けてるから、怪我の心配は無いだろう(-.-)

しばらくして、
先生: 「ものすごくいい子でしたよ!」
…どうしたのだろう、本当に(--;

そして、最後にエコー。
頭側には私が立ち、後ろ足側には看護師さんが立ち。
エコーの間、15分くらい、微動だにしなかった しんび∑(ノ▼ο▼)ノ
真面目に、"生きてるか?!"と何度か顔を覗き込んでしまった(--;
どうしたのだろう…。
20200210111338b2a.jpeg
前の歯石除去で1匹預けられた時、何かトラウマになるようなことでもあったのだろうか(?_?)


ちょっと長くなってしまったので、結果はまた別途。